2016年1月23日土曜日

魔法の言葉。



継母。
魔法使い。
王子様。
ガラスの靴。

不朽の名作。
シンデレラです。
少し前に実写化したの知ってますか?
『実写版シンデレラ』
あれね、凄く良い。

アニメのイメージと役者さんのイメージが、とても近い。(実写版は、ここが肝ですよね。)
映像もとても綺麗です。
舞踏会にシンデレラが登場するシーン。
きらびやかなホール。そこに映える色のドレス。
本当に綺麗な映像です。

シンデレラで欠かせないことがあります。
ターニングポイントの、魔法です。
この映画の魔法使いは、神様の様にかかれていません。
少しおっちょこちょいな親友の様です。
とはいえ、彼女の魔法で、シンデレラの状況が、一変します。

僕らの世界で、一変と言えば、『大学』『就職』『結婚』『出産』ですね。
一変といっても、実際のところ、「コップに入れた水を飲むようなものです。」
まず、コップがあって、水を注ぐ。
だから、一気に飲める。渇きが無くなる。

今、近くに「一変」前の人たちがいると思います。
ターニングポイントです。
あなたは、今までにその人がどんなに努力したかを知っています。
そんな時、かけることができる魔法があります。
それは、『変わった後のことを想像できる言葉をかけること』

人間の想像力からくる力は、すごいのです。