2016年2月3日水曜日

イヤイヤ期は、脳の成長と関係があります。



人間は、本能を抑制できる器官があります。
前頭葉です。
ただ、それが成長していくスピードは、ゆっくりです。
0~4歳までは、司令塔である前頭葉が十分に成長していません。
つまり、『本能のまま行動する傾向がある』。

イヤイヤ期は、成長により解決します。

歯科医院でも、フッ素使用の基準にこの成長を取り入れています。
フッ素は、吐き出しができないと使用不可能です。
大体、1~2歳で出来る様になります。
それまでは、楽しみながらゆっくりとやってます。