2016年9月6日火曜日

『自称』専門家の親切なアドバイスに負けない方法

頼んでもいないのに、
あれこれ忠告してくる人と
隣り合わせになってしまった。
こんな経験はありませんか?

先日私は、ある男性の隣に座りました。
男性は私のキャリアを知っていて
感銘を受けたそうです。
私がおとなしく男性の話に耳を傾けていたので、
彼は私の仕事についてアドバイスをしたくなったようです。

私に
「患者さんにどう見られているかを常に考えた方がいい」
としつこく言い出しました。

私は心の中で苦笑してしまいました。
というのも、ふと男性の靴に目を落とすと、靴は磨かれていませんし、
くたびれているだけではなく、デザインも少し古臭かったからです。
最初は私も礼儀正しく話を聞いていました。
自分が話すより人の話を聞く方が多くを学べるからです。
それに初対面の相手だったので興味もありました。
すると男性はますます得意満面。
あれこれ言ってくるのです。

そこで
「どのようなご経験からそう思われるのでしょうか?」
と訊いてみることにしました。
するとおかしなことが分かったのです!
男性は、マーケティングをオンライン講座を
受講したと言います。
それでその分野のエキスパートに
なったつもりでいたのです。

彼にはおかしなことが3つありました。
  1. 男性は自分が習ったことを実践したことがなかった。
  2. 私の仕事のことも正確には知らなかった。
  3. 誰も彼にアドバイスなど聞いていなかった。


うんざりしてきた私は、ある質問をちょっと試してみようかな?
と考えていました。
頼まれてもいないのにアドバイスしたがる人にこう言うのです。

「アポイント帳を見せてくれれば私のもお見せしましょう。
あなたが私よりも多かったら、あなたの話を聞きましょう。
そうでなければ、余計なお世話!」

“いさかい”を避けるため、その案は見送りましたが、
このように他人の人生や仕事に首を突っ込み、
一方的な意見を言う権利があると
思っている人について考えてしまいました。

小さな親切?大きなお世話??


運転の仕方、子どもの育て方、
お金の使い方、仕事の仕方など全てにわたり、
頼んでもいないのにアドバイスしたがる人たち
私たちは社会や学校、善良な親から、
自分の意見より人の意見を大切にするよう刷り込まれています。
批判されたら、そこから反省点を汲み取りなさい、
彼らの意見に一理ないか考えて、もし一理あるなら、
そこからどうやって学び、成長できるのか、
自分自身に問うてみなさい、と。

でも、ためにはならない情報だと
直感で察したら、そんな情報は無視しましょう!
大切なことは優れた判断力を持つことです。
私は、大まかなルールとして守っていることがあります。
それは、、、

  • 投資やお金の使い方について、自分よりお金を持っていない人の意見や批判は決して聞かない。
  • 健康について自分より健康でない人の意見は決して聞かない。
  • 人間関係について良好な人間関係を保てない人からの意見は決して聞かないこと。

です。

でもこういう人たちこそ、頼んでもいないのに
アドバイスや意見を言うのが大好きで、
「普通」「常識」という言葉を使い、心の平安をかき乱します。
自分の直感に耳を傾けることを
ためらわせるようにし、
専門家のアドバイスが必要だと
ほのめかす危険な人々です。

もちろんアドバイスをしてくれる人が、全て悪いわけではありません。
アドバイスをしてくれる人が、本当にアドバイスする資格がある人がどうか、
しっかり見極める必要があるということです。
そしてたとえ資格がある人であっても、そのアドバイスが自分に役立つかどうか?
きちんと判断しなくてはいけません。
自分の力を他人に預けてしまうことがないようにしましょう!

他人がアドバイスしてくる時は、自分の心の中の声に耳を澄ませましょう。
人の話にいつ耳を傾けるのか?それとも傾けないのか?
鍵となるのは、自分の内側にある知恵に自信があるかどうかなのです。

自分に自信をもって、頑張りましょう。