2016年9月3日土曜日

写真を綺麗にとってもらう方法

これは、 夏休みに自分で撮った写真です。
良く撮れているでしょう。
僕は、写真が趣味です。
今日は、写真に興味のある人だけが知っている
「写真写りが良くなるポイント」をお教えします。 
自然な感じのステキな写真が撮れるかどうか、
ぜひこのコツを試してください。

写真写りが良くなるコツ

カメラに向かって
必ず斜めに立ちましょう。

その方が写真に動きがでるし、
体型もほっそりと見えます。

そして少し上のアングルから、
顔は斜めに向いた状態で
撮ってもらうのが
間違いのない角度です。

前方の肩は少し下げて、
首は長く伸ばします。

女性は、少し上を向いて眉を
わずかに上げましょう。
こうすると目が大きく写ります。

男性は、少しだけ顎を突き出すと、
表情が力強くなり、
二重あごの防止にもなりますよ。

 

写真を撮る前に、
唇を上下の何度か軽く合わせます。

唇の血行を良くすることで、
唇がより大きく、唇の色もよくなります。

頬は軽くつまんで赤味を出します。

昔ながらの方法ですが、
魔法のような効果があるのです!

 

目をつぶらないためには、
写真を撮る人に3つ数えてもらいましょう。

2で瞬きをすると、
3で目を開けた時には
キラキラと大きな目になっているはず。

 

写真を撮る場所にも気を配りましょう。
自然光や光が
十分に当たる場所や背景を選びます。

写真を撮る場所は
積極的に探してください。

自分よりも下の
アングルからは撮るのはNG。
下から撮ると太って写ります。

 

写真を撮る時は、
できるだけリラックスして楽しむこと。

写真を撮られるのが
嫌だと思っていると、
その感情がしっかり写真に現れます!

写真用にかしこまった顔を
しなくても大丈夫。

笑っている顔、何かを見ている顔、
楽しんでいる顔が
最高の写真になるのです!

 

写真は1枚だけではなく
何枚か撮ってもらいましょう。

「平均の法則」が働いて、
1枚は絶対に素敵な
写真になっているはず!

是非取り入れてみてください。