2016年5月10日火曜日

遊び心が教えてくれるもの

青い空。
青い丘。
想像上の世界の様な光景が、この世の中には存在します。
写真は、栃木県の国立公園の風景です。
ネモフィラの丘といいます。
ネットで検索してみてください。
同じ様な写真や、それ以上の写真がたくさんあります。

検索して、見れる綺麗な風景の場所は、ほとんど休日平日問わず、人がたくさんいます。
みんな写真の景色をその目で見たくて訪れています。
ただ、本当のそこでの景色は、必ずしも期待通りというわけではありません。
季節・天気・時間によっても違います。
行くまでの道のり・一緒に行く人・体調などにも影響を受けます。
そんな想像とは少し違う景色にあったとき、みな様々な反応をします。
そのため、『写真と現実は違う』とそこに行かない人さえいます。
でも、僕らが想像した景色は、実際にそこにあるのです。

さて、
この様な行動パターンは、『人の性質』そのものだと思いませんか?
入口は、皆同じような情報を見たり、聞いたりして想像します。
そのあと、その想像したものを見るために計画を立て、行動に移します。
入念な計画を立てて行動を起こす人もいれば、とりあえず行ってみるなんて人もいます。
みな、同じ良い結果を求めて行動します。ゴールは、一緒なんです。
一番やっていけないことは、『やらないことに理由をつける事』

そんな事を考えながら、明日も写真を撮りに行く。
さて、どんな景色が待っているだろう。